札幌で車検を検討しているなら知っておきたい事

車検は、普通乗用車なら2年、貨物車登録でしたら1年に一回必ず受けなければならないものです。そして自賠責保険や重量税など税金をはじめ検査費用にはたくさんのお金がかかります。もし、あなたが札幌で受けることを検討しているならば、損をしないために最低限の知識は持っておく必要があります。札幌は車社会ですのでその分たくさんの民間検査場があります。費用に糸目をつけないのでしたらディーラーにおまかせしてしまうのもいいでしょう。ですが、せっかくたくさんの選択肢があるのですから、ディーラーよりも安くつく民間検査場を選んでみるのもいいのではないでしょうか。ちなみに車検を受けないという選択肢は存在しません。それにこの寒冷地ですと、検査をおろそかにしているといきなり吹雪の中で故障し立ち往生することもあるのできちんと検査は受けましょう。

認証整備工場ではなく指定整備工場を

検査が終わりしだいすぐに持ち帰ることができる検査場とそうではない検査場の二種類あるのはご存知でしょうか。検査場の入り口には必ず認証整備工場か指定整備工場かを証明するプレートが付いています。指定工場ですと、その場で検査の適合証を作成できるので認証工場よりも早く車が戻ってきます。認証工場ですと、札幌の北24条にある検査場まで車を持っていかなければ適合証を作成することができないので戻ってくるまでに時間がかかります。指定工場とは違い認証工場は分解と点検整備までしか許可が下りていないためです。なお、どちらのプレートも掲げていない工場は分解することすら許可を受けていないところなので注意する必要があります。たとえ車検時に無料で代車が出たとしても、なるべく自分の車を他者に預ける期間は短くしたいものです。

融通のきく馴染みの検査場を作っておこう

ディーラーで車検をお願いしたら、あれもこれも交換した方がいいと言われ高額になってしまったことはないでしょうか。ディーラーは確実に二年後までエラーを起こさないことを重視するためどうしても予防に走りがちです。それは決して悪いことではありませんが、もし今直さなくても大丈夫ならそのままにして、次の機会に直すといった融通のきく選択肢もほしいものです。そこで、もしずっと札幌に住むのであれば、検査時に色々相談できる馴染みの検査場を作っておくのも一つの手段かもしれません。競合他社が多いこの場所ではリピーターは重要な顧客ですので、色々と便宜をはかってくれることもあるでしょう。特に古めの個人経営の工場は穴場です。近くにそういう工場がないか探してみてはいかがでしょうか。