札幌での車検で気を付けておきたいポイント

札幌で車検を受ける際に気を付けておきたいポイントは大きく二つあります。一つは費用で、もう一つは信頼性です。新車を購入してから3年目に第一回目の車検があり、それ以降は2年ごとに続いていきますが、これは法律で定められた義務であり、きちんと整備点検を行うことで安心してクルマを乗る続けることができるわけです。しかし、その際に発生する費用はばかになりません。重量税や自賠責保険料などの法定費用のほか、整備点検基本料金があり、オイル交換やブレーキパッドの交換など、状況に合わせて部品交換も行う必要がありますのでその分費用もかさみます。また、きちんと整備点検が行われていないと後からトラブルが起こります。ねじが緩んでいたり、交換する必要のない部品まで取り換えられたりということもあるようです。

整備点検費用における注意点について

費用に関しては、まず法定費用が大きな負担感があります。これは札幌では、どこでも一律です。車両重量が重くなるほど重量税がアップしますが、ハイブリッドカーやディーゼルエンジンのようにエコカー減税適用車の場合は、逆に重量税が安くなります。ディーラーや整備工場などで費用が異なるのは整備点検基本料金です。最近は価格競争が激しくなっており、札幌市内でも1万円を切るような激安店も登場しているようです。ただ、激安店の場合の注意点として、整備点検の内容がどうなっているかです。また、基本料金を安くして、オイル交換などを高くしていることもあります。そのためトータルでいくらになるかが比較することが大切です。また、早期割引やペアー割引などの割引制度を設けているところもあるので、うまく利用すると費用を抑えることができます。

整備点検の内容についての注意点

整備点検で大切なことは、次の車検まで安心して乗ることができるようにしっかり整備してもらうことです。最近、ディーラーを含め、多くの整備工場などでは整備点検の内容を絞って早く修了するクイックタイプと、昔ながらのゆっくり隅々まで1日かけて点検するタイプから選ぶことができるようになっています。費用は当然クイックタイプの方が安くなりますが、安心という点では1日車検のほうが安心で、どちらを選んだら良いのか悩む人も少なくないようです。費用と安心を天秤にかけながら考える必要がありますが、初回、あるいは2日目の場合は、大きな不具合箇所が発生することが少ないので、クイックでも良いかもしれません。しかし、年式が古くいなってきた場合は、じっくり整備点検する方が安心でしょう。